eBay

其四:荷物が到着してるのに到着してないと返金を求めるバイヤー

Please work with your buyer to make it right

Your buyer opened a request because their item hasn’t arrived. It is important for you to respond by Jan 30, 2020.

朝起きたらケースが開かれていました。下記はバイヤーからのケース内のメッセージです。

Jan. 27

The buyer didn’t receive the item

Buyer requested

A refund

Comments

I was waiting for ○○ as a gift. I have not received them yet

荷物が届いてないので全額返金を希望しています。

この手の類は本当に未着であることはほとんどありません。

追跡番号をeBay上からも確認できるのでドキドキしながらしらべてみると。。

あつ
あつ
なんや、やっぱり着いてるやん。。

バイヤーの住所近辺の住所に到着済みとステータスが表示されているのでこの場合は万が一バイヤーからeBayの方にエスカレーション(セラーが問題を解決していないのでeBayにクレームをあげて問題解決を依頼すること)をされたとしてもセラー有利でケースを閉じてくれてネガティブフィードバックが仮に付けられていたとしても削除されます。

この時に私がしたことは追跡番号のアップロードのみ。

この手のケースオープンは結構頻繁にあります。1か月に1回はあるかも。

ケース内からバイヤーにメッセージを送ることもできますが、ネガティブフィードバックを付けて脅してきたり、面倒なことになることが多かったので相手にしないことにしています。

 

私は出荷する荷物全てに書留を付けて追跡ができるようにしているのですが、心配していたのは追跡情報が途中(通関検査等)で止まっていたり、盗難や紛失に遭ってしまって追跡情報の更新が全くされずにいる場合です。

もし更新されずに追跡が止まっていたら日本側からできることは仕向国の郵便局に調査請求書を提出することぐらいしかできません。それも大体返事が返ってくるのに余裕で1か月以上かかります。その間にケースはエスカレーションされてしまう恐れがあり、アカウントを守るためには返金しか選択肢がなくなってしまいます。

eBayから強制返金という経験を一度だけしたことがあるのですが、今回と似たようなケースでその時はオーストラリア向けの荷物でした。追跡のステータスは到着済みですが、住所の記載がなくただFinal Deliveryで終わっているだけで、

これでは到着しているのか判断できないので出荷した郵便局(日本郵便)に6日猶予をあげるから調べてもらいなさい

というeBayからの通達でした。この時も返信に1か月かかる調査請求書を提出しましたが、当然6日で結果が返ってくるわけが無く、バイヤーはケースをエスカレートして、eBayはバイヤー有利という結果を下し強制返金されてしまいました。

納得がいかない私はアピールといって、この結果に不服申し立てをすることができるので、この件について私が行ったこと、日本からオーストラリアに調査請求を出しているが結果がかえってくるまでに時間がかかること等すべて書いて提出。すると私にもeBayから商品代金が返金され、セラーパフォーマンスには一切影響がありませんというメッセージが送られてきたので一番恐れていたアカウントに傷がついてしまう事態は免れました。

一か月後に帰ってきた調査請求書の結果は到着済みでバイヤーは商品も商品代金も手に入れていることに納得がいかなかった私はオーストラリアeBayにその結果を添付してメッセージで送信して詐欺バイヤーであることを伝えました。その時は今みたいに簡単にバイヤーを通報できるような仕様にはなっていなかったのでそうすることしかできなかったのですが、お国柄なのかもう済んでしまっていることだし面倒だからなのかあまり取り合ってはもらえませんでした。

この一件からしばらくはエコノミー出荷(eパケットライト)に対応していたのですが、追跡が更新されないことが発生し返金を求めてくるバイヤーがいたため、オーストラリアとカナダの両国に関してはEMSでしか出荷できない設定に変更しています。販売機会損失かもしれませんが、精神衛生上とトラブルへの対処に費やされる時間を考慮してそうすることにしました。

なぜオーストラリアとカナダなの?と疑問に思われた方もいると思いますので説明させて頂くと、オーストラリアとカナダはeパケットの追跡はできない仕様になっているそうです。eパケットライトであれば追跡が可能と言われていたため私はしばらく使っていたのですが上記のような経験をしたので現地の郵便事情が変わらない限りバイヤーから追加料金を頂いてEMSでの出荷対応をすると決めています。

今回のケースはバイヤーがエスカレーションをしてeBayに介入を求めてきたら、到着済み(郵便番号やバイヤーの住所の地名も追跡情報に記載されている)のため、セラー有利でeBayがケースを閉じてくれます。仮にバイヤーが何もしてこない場合は30営業日が経過したら自動でケースが閉じることになっています。

1.書留付きで発送されている方はまず追跡情報を確認。

2.追跡番号をケース内で決められた期限内にアップロード。

3.追跡が止まっていたり更新されていなければ荷物を出荷した郵便局で調査請求書を一刻も早く提出。用紙はこちらからもダウンロードしてプリントアウトできます。→https://www.post.japanpost.jp/int/download/chousa.html

※荷物を出荷した郵便局に提出しないと受け付けてもらえない場合があり、時間のロスになるので注意が必要です。

調査請求書を提出する際は送り状の控えのコピーも一緒に持参しましょう。

 

その後ケースはどうなったかというと、eBayからバイヤー自身がケースを閉じたという通知がありました。

“Did not receive but found out from my building boxes have been stolen. I’m guessing this one too. Thanks and sorry for the confusion.”
「私は受け取っていませんが、私の建物の箱(多分、郵便受け)が盗まれたことが判明しました。この商品もその中の一つだと推測しています。混乱をおかけして申し訳ありません。」
あつ
あつ
うーん、たぶん自作自演ですね。もっとましなウソついたらいいのに。
通報を恐れての事だと思いますが、しっかり通報しておきました。