留学

ニュージーランドでもあった留学中の差別 コロナウィルスで思うこと

志村けんさんお亡くなりになられてしまいました。

コロナウィルスに感染されたと聞いていましたがかならずまたテレビに戻ってこられると思っていたのでとてもショックでした。

子どものころから8時だよ!全員集合を見ていました。

早く寝なさい!といつも親に言われていましたが、全員集合がある日だけは言われなかったなぁ。いまでも志村うしろうしろ!って覚えています。

もちろん直接お会いしたことはないんですけど、とても親近感のあるかたでみんなに慕われていたことが分かります。心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

今回の事で死がより身近に感じた方も多いのではないでしょうか。私も身内にお願いやから電車から降りたらうがいと手洗い、何なら歯磨きして!とラインしてしまいました。

あつ
あつ
死なんといてー!

と。それはないわと返ってきましたが、こればかりは分かりません。

自分だけじゃなくて自分の周りの人を危険から守るためにも私たち一人一人が感染の予防をしていく必要があると思います。

 

志村さんがお亡くなりになられたことで、中国から来たウィルスということで中国への批判コメントも多くなってきているみたいですね。。これってとっても良くないなと思います。ウィルスが悪いのであって中国が悪いわけではないと思います。

 

また、今回のコロナウィルスが蔓延したのはアジア人のせいだという風潮も諸外国ではあるらしく、日本人も含んだアジア人蔑視も発生しているとか。これはとても悲しいことです。

 

先日、ニュージーランドに行くことになった経緯という記事を書いた際に、フランスで受けた差別の事を書きました。たかだか2週間程度の滞在であからさまな差別を受けた国でしたので未だにフランスに対してはあまりいいイメージは持っておりません。

残念ながらフランスだけではなく長期滞在で2度訪れたニュージーランドでも差別的な扱いを受けたことも実際にあるので余計に思うところがあります。

私が体験した差別

オークランド市内の西側の方でホームステイをしていた時です。

学校から帰宅するためバスに乗っていました。すると後ろからシートになにか当たります。明らかに蹴っている感じ。クスクスと笑い声もします。あまり気にしないようにしていました。すると後ろにいた少女2人が彼女たちの下りるバス停で降りていきました。

静かになったし、もう蹴ってこないと思いほっとしたのもつかの間、窓側の席にいた私の目に飛び込んできたのは少女2人が笑顔で中指を立てた姿でした。

大人ならまだしも、こどもにそのようなことをされたことがとてもショックでした。こどもは親や大人の影響を受けて育ちます。そういうことをしても許されるという環境で育っている証拠でしょう。

この時帰宅して、ホストファミリーに報告しましたが気にすんなで終わらされました。

 

別の日、ホストファミリーの別居している3人の息子のうち一番末っ子の息子夫婦が生まれたばかりの赤ちゃんを連れて遊びにきました。

お嫁さんの方はとてもフレンドリーで感じが良かったのですが問題は息子の方。とても感じが悪く、私ともう一人中国人の男の子がその家にステイしていましたが両親(ホストペアレンツ)がいなくなるとネチネチとアジア人とヨーロピアンとの容姿の違いなどを私たち二人に対して言ってきます。しばらく黙って聞いていましたが、堪忍袋の緒が切れてブチギレてしまいまいました。

 

 

 

あつ
あつ
黙ってきいとったら何抜かしとんねんわれー!ネチネチネチネチえーかげんにせーよ!

とかなんとか結構大声で怒鳴ってしまいました。何言ったかはっきりと覚えてませんが 笑

その場を離れていたホストペアレンツは何事!?と飛んできて

 

ホストファーザー
ホストファーザー
Enough!

と一喝。

その息子は私たちの英語力が足りずに勘違いしたんだよ~とか言い訳してました。親ももちろん息子がかわいいのでそうか~ってなりますよね。

中国人の男の子は私の剣幕に驚いた様子でしたが、何を言われていたかは理解していたみたいでその後怒ってくれてありがとうと言ってくれました。この件がきっかけで仲良くなって髪を切ってあげたり、部屋の掃除をしてあげたりしていました。弟みたいでしたね。

ニュージーランドに来るまでに中国の教育などで日本人のイメージも悪いものだったと思うのですが、私を通して日本人のイメージを変えてもらえるきっかけになっていれば良いなと思っています。

あとあと聞いた話によるとその息子はシェフで一緒に働いていた優秀なアジア人シェフに仕事を奪われたのをよく思ってなかったということがわかりました。つくづくかわいそうな人ですし、そもそもそんな息子に育ててるホストペアレンツにも問題があると思ったので4週間でその家を出ました。結局3人の息子のうちまともなのは次男だけでした。長男は実家に出戻って敷地内に家を建てて親のすねをかじっているみたいです。やっぱり育て方というかなるようになるんですね人間て。

 

中国からの10倍返し

今はお互いを思いやることが大切な時期で我々は試されているのかもしれません。武漢でウィルスが発生した直後、隣国として日本が率先してマスクを中国へ輸出したことで親日に傾いてきており、お礼として10倍で返すという記事も読みました。

こちらですね。。


この話を聞いてとてもほっこりしました。人って助け合えるんだなと。

 

残念ながら差別はあります。でも受ける方ならまだしもせめてする立場にはならないでほしいです。私たちの価値が下がってしまいます。差別をする人たちは自分たちの立ち位置を自らさげすんでいることに気づきません。

今回のコロナウィルスで私たちは試されていると思います。一人一人の心がけで変わっていけると思いたいです。