投資

楽天証券でつみたてNISAをはじめました。

あつ
あつ
すでに積立NISAをはじめている友人からの勧めで興味を持ってはじめちゃいました。

 

自己資産を増やしたいという目的ももちろんありますが、友人が勧めていたもう一つの理由として、楽天ポイントの倍率UP

eBayで仕入れをしていると自己アフィリエイトのハピタスを通して楽天などで購入するとポイントが溜まったりしていたのですが、それだけではなく楽天スーパーポイントの還元率を上げていくとさらにポイントがたまっていきます。

楽天カード(ゴールド)の使用や今回口座を開設した楽天証券を使うことで近々SPUが8倍になる予定です。これはでかい!いろいろと今は怖い噂のあるアマゾンギフト券を使うよりも安全だということで勧めてもらいました。

 

貯金をするにも銀行の利息なんて微々たるものだし、長期的に投資をしていくほうがリスク分散にもなるし、NISAだと年間40万円の投資額までは非課税だし、やっとくか!という感じです。月収100万円稼ぐ爺ちゃんと対談【お金を稼ぐ思考法】という動画を見て感化されたのもあります。

あつ
あつ
単純。。

おじいちゃんに癒されるので良かったら検索して一度見てみてください。小さく投資して雪だるまにしていく。お金に働いてもらう。そのおじいちゃんの話がおもしろくて投資ってこういう考えでするものなのかと勉強になりました。

 

話を戻します。

年間40万円まで非課税の積み立てNISAは2037年までしか今のところできないそうです。あくまでも2037年までなのは今現在確定していることで、今後は国の方で制度が変更になるかもしれないとのこと(楽天証券のお姉さん談)。2023年までに開設したら20年間続けることができるようにするかもな?という議論が国の方で進んでいるらしいですがあくまでも仮のはなしで、興味のある方は現在確定している2037年までの非課税枠を活用するべく善は急げです。

 

ちなみにNISAとの違いもかるく聞いてみました。

こちらは非課税なのは2023年まで(あと3年!)で、年間120万円まで非課税で投資可能で積立+スポット購入+国内外株式投資ができるそうです。そもそもそんなに投資できる資金が無い私は積立NISA一択です。

 

ここで急に質問ですが、ドルコスト平均法ってご存知ですか?

通常100円のリンゴを100円で購入したら1個買えます。

でも50円の値が下がったときに同じ100円で購入したら2個買うことができます。

値が下がる(株価が下がる)と損切りしてあわてて解約する人がいると思いますが、値が下がったときこそ多く買うことができます。

株価って上がったり下がったりしますよね。ずっと上がっているわけではない。

一度に大金を安い時に投資してしまうのもありだとは思いますが、長期的に少しずつ分けて投資することでリンゴが1個買える時もあれば値が下がって2個買える時もあったり、下がったときには下がったときのメリットが出てきます。ハイリスクハイリターンを狙うことはできませんが、リスクを分散することができるのがドルコスト平均法を活かした長期投資のメリットだなと思っています。逆にデメリットもあるみたいです。。

※wikipedia参照してください。

 

あつ
あつ
一度はじめてしまったら2037年まで解約できなかったら万が一急にお金が必要になるかもしれないし不安だなぁ

と思っていたので途中で解約ができるのかという点についても聞いてみました。

積み立てといっても定期預金みたいに引き出せないというわけではなく、積み立てた分を途中で積立を解除してそのまま運用し続けることも可能ですし、途中で解約注文をして現金化することも可能

だということでした。

あつ
あつ
これは安心

今回はつみたてNISAを始めた動機などについて書きましたが、次回は口座開設から注文の流れなども書いていきたいと思います!